ゴルフボールの選び方

ゴルフボールの選び方は、目的別に種類を選ぶことが大切です。
そもそもゴルフボールには、スピン系ディスタンス系があります。
スピン系とディスタンス系の違いは、コアとカバーの硬さです。

 

スピン系はコアが硬く、カバーは柔らかくなっており、スピンをかけやすいです。反対にディスタンス系は、コアが柔らかくカバーが硬くなっています。スピンがかかりにくいので、飛距離が出やすいゴルフボールです。

 

ゴルフボール商品一覧|楽天ショッピング

 

選び方のおすすめとしては、自分のレベルに合わせるのが良いでしょう。
たとえば、ゴルフを始めた初心者の方には、ディスタンス系がおすすめです。
ディスタンス系は低スピンなので、簡単に飛ぶ構造になっています。
なので、飛距離の出にくい初心者にはおすすめできます。

 

ゴルフの上級者におすすめのゴルフボールは、スピン系です。
スピン系はコントロールがしやすいので、アプローチのときに狙ったところにボールを止めやすくなっています。
思い通りに扱うには、ある程度の技術が必要なので、初心者より上級者に向いているゴルフボールです。

 

ゴルフボール商品一覧|楽天ショッピング

 

また、ゴルフボールは構造によって、価格が変わってきます。
3ピースや4ピースは、中心部のコアと外側のカバーの間に層があります。
それに対して2ピースの場合は、コアとカバーだけです。
構造が単純で価格が安いのでコストを重視するなら2ピースがおすすめです。
ゴルフボールは、自分が選んだ1つのゴルフボールをトコトン使いこんでから、違うボールをたまに使えば、より違いがわかりためいち早く上達する(自分のクセやボールの性質を理解できる)方法です。

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ